トップに
戻る
創業1924年・神戸の造園会社・伝承技術からバイオマス技術へ
有限会社大谷造園
メールでのお問い合わせ

神戸剪定枝等リサイクル施設
神戸市北区「しあわせの村」内
アクセスマップ
拡大して見る

2015年6月1日
薬効植物・機能性野菜・特色ある野菜が順調に生育中です。

2014年4月18日
ホームページOPENしました。

2014年4月1日
yahooショップ「しあわせママ」OPENしました。

 

KOBEドリームキャッチプロジェクト
中小企業支援ネットひょうご
バーチャル展示会HYOGO!
しあわせママ

伝承技術からバイオマス技術へ

創業者の大谷由松は、
須磨の武庫離宮御用達《植寅》で総世話役を務め
後進に道を譲るために1924年5月《植由》の屋号で
独立しました。

由松は、探究心が強く若くして職人として
腕を揮い自然石を用いた石積技術は
横綱が出たと定評があったと聞きます。

独立後も《植寅》の親方からの要望で剪定管理だけでなく、
造園工事にも自社の職人を引連れ、親方の得意先を維持しました。

これらの技術力は、終戦後間もない1949年(昭和24年)
早くも造園工事を受注し、事業の復旧を早めることになりました。

創業以来の伝承技術と探究心の強さは代々受継がれ、新たな取組みとして、
事業で排出される剪定枝葉の利活用研究に着手し、2004年11月、
神戸剪定枝等リサイクル施設をオープンさせ新たな技術開発に取り組んでいます。

大谷造園からのお知らせ1

薬効植物・機能性野菜・特色ある野菜が順調に生育中です。

薬効植物(左)、機能性野菜(真中)、特色ある野菜で商標登録出願中『神戸きて菜』(右)

  

大谷造園からのお知らせ2

ひょうご1ものづくり大賞受賞

平成26年度「ひょうご1ものづくり大賞」の選考審査の結果、
平成27年3月17日兵庫県公館での表彰式において、
弊社の「剪定枝葉を主原料にした植物性100%堆肥【しあわせの森粗目1〜20】」が、
ひょうご1ものづくり大賞選考委員会特別賞を授与されました。

  

兵庫県中小企業団体中央会 ブログdeプロモーション大会 企業プレゼン

大谷造園の販売商品(薪・堆肥)

11月〜2月に伐採された広葉樹丸太を原木・玉切り丸太にして乾燥し、
年間を通して薪割機で薪を生産しておりますので、年中ご提供いたします。

※施設での薪販売は、全て事前予約制で必要個数、重量をご連絡いただいた方のみの販売です。

 

クヌギ薪 20s箱詰め
包装材()重量を含む
2,000(税別)
広葉樹薪 17s箱詰め
包装材()重量を含む
1,500(税別)
端切れ薪 20s箱詰め
包装材()重量を含む
1,000
(税別)
端切れ薪バラ
100s単位でご自分でお積込み
1単位2,000(税別)
       
 
しあわせの森堆肥
40ℓ袋入り
500(税別)